北九州の戸建てについて

会員の方

閉じる

戸建てについて

北九州の戸建てについて

『北九州の戸建て』について詳しく知ろう

地面に接し、1〜3階建が主で、独立して一戸として建てられた住宅を戸建てと呼びます。共同住宅、テラスハウスなどと区別されます。
戸建ては、一棟につき土地代と建物代が丸々必要であるため、地価が低い郊外に建てられるケースが多いようです。

希望の暮らし方を確認

郊外に立てられるケースが多い戸建ての場合、自然豊かな場所や静かな住環境でゆったり暮らしたいという方に向いているでしょう。生活音などが気にならず、プライバシーを保った生活を送れること、窓が比較的多く設けられ、風通しが良いこともメリットです。庭付きの物件では、ガーデニングが楽しめる、ペットと暮らしやすい等のメリットもあります。 ご自身が望む暮らし方に合わせて設計したり選んだりすることが可能です。

購入後も視野に入れた金銭バランス

同じ広さ、同じ立地の戸建てとマンションの購入費用を比較した場合、土地代を一世帯で賄う戸建ての方が、マンションと比べると一般的には高めになります。 しかし戸建ての場合、マンションに必要な管理費、修繕積立金などがかかりません。その分、掃除や補修は自分で行うことになりますが、自分に必要な範囲に留めることが可能なため、きちんと計画すれば経済的な負担を調節することができます。 また、駐車スペースを設けた戸建ての場合、駐車場代の負担がないことも、かなり金銭的なメリットの一つと思われます。

将来を見据えた選択

住居を選ぶ際は、自分のライフスタイルや家族のニーズを踏まえることが必要不可欠です。通勤通学を考慮した場合の立地や、家族が増減した場合にどうするか等、先々のことを考えておく必要があるでしょう。 最近の傾向としては、子育ての時期には郊外の戸建てに暮らし、子供が独立した後は夫婦二人で駅の近く等、利便性の高い場所に位置するマンションに住み替える、という選択をする人が増えているようです。戸建ての場合、二世帯住宅に立て替えたり、リフォームするという選択肢もあります。このように、出来る限り将来を見据えた選択をすると、後々も満足度の高い生活を送っていくことができるのではないでしょうか。

CopyRight(c) 2008-2015, 株式会社アンサー倶楽部 All rights reserved.