北九州のマンションについて

会員の方

閉じる

マンションについて

北九州のマンションについて

『北九州のマンション』について詳しく知ろう

マンションとは、主に鉄骨(S)、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造の集合住宅のことを指します。

様々なマンション

マンションは規模や高さによっていくつかに分類することができます。規模で分類する場合、一般的には50戸以下のものを小規模マンション、50~100戸程度を中規模、100戸以上を大規模と呼ぶことが多いです。 規模が小さいマンションほど、入居している世帯数が少ないため、管理組合の運営が楽です。その代わり、共用施設などは限定れる場合が多いです。大規模マンションは、広い敷地を総合的に開発するため、プライバシーや日照などマンション全体として完成度が高いです。敷地が広大なので、マンション内に公園や広場などがあるケースが多いです。規模が大きいため、管理組合の運営が難しい場合もあります。高さで分類する場合、通常は低層住居専用地域に建てられるような12メートル程度(階数で言えば地上4階建て)までのものを低層マンションと呼びます。また都市部で増えている高さ60メートル以上(地上20階建て以上)の超高層マンションまたはタワーマンションと呼ばれるマンションが、最近では人気を集めています。

資産価値にも注目

特に大規模マンションに関して言えば、戸数が多い分、間取りのバリエーションが数多くそろっており、いろいろなタイプから選びやすいこと、大手デベロッパーが手がけているものが多いため、ブランド価値により資産価値が下がりにくいようです。自分仕様で個性的な中古戸建ては買い手を限定することが多いですが、マンションの場合は個性を強調しすぎずポイントを押さえたつくりであることから、多くの購入希望者をターゲットとすることが可能で、早期に買い手が決まる場合が多いです。売りやすいということは、資産価値が保たれやすいということになります。

立地も重要なポイント

用途地域による高さ制限や、地価の関係で、特に大規模マンションや高層マンションは都市の中心部や駅前に近い便利な立地に建つことが多いです。
さらに、土地代を区分所有者(住戸数)で共同負担するため、一戸建てに比べて低予算で中心部へのアクセスがよい物件を購入できる、という利点があります。 一方の低層マンションは高い建物を建てられない低層住居専用地域に建てられるケースが多く、閑静な住宅街に位置することが多いようです。生活環境は良いですが、駅からの距離など利便性に欠けてしまう場合もあります。
事前にしっかりとチェックしておきましょう!

CopyRight(c) 2008-2015, 株式会社アンサー倶楽部 All rights reserved.