テストサイト

会員の方

閉じる

賃貸について

北九州の賃貸について

『北九州の賃貸』について詳しく知ろう

賃貸住宅とは、住宅の所有者(家主、大家)と居住者(賃借人、店子)が契約を結び、所有者に毎月の家賃を払って居住する住宅のことを指します。

条件によって変わる敷金・礼金

敷金は最初に預けるお金で、基本的には退去時に返金されます。ただし、家賃滞納した場合や故意また大きな過失で部屋に損傷を与えた場合は、敷金からその分の実費を差し引かれることがあります。物件や地域によっても異なりますが、家賃の1〜3カ月分となっているところが多いようです。 敷金が戻ってくるお金であるのに対して、返金されないお金が礼金です。文字通り、部屋を貸してくれる大家さんに対してのお礼の意味合いで払うものです。主に、関東で多く見られる制度で、家賃の1〜2カ月分であることが多いようです。 関西では敷金・礼金の代わりに、「保証金」、「敷引き」という制度があります。保証金の相場は、家賃の1〜5カ月分くらい。このうち、退去時の原状回復費用として、汚損の程度に関係なく一定の金額を「敷引き」として大家さん側が徴収します。 現在は、関東と同じ敷金・礼金制度をとっている物件も多数あります。物件ごとに異なるため、きちんと確認をすることが大事です。

賃貸の初期費用

初期費用は主に、敷金、礼金、入居する月の日割り家賃、前家賃1カ月分、不動産会社への仲介手数料、火災保険や保証料が含まれます。物件を仲介してくれる不動産会社への手数料ですが、契約が成立した際に、成功報酬として支払います。金額は、宅地建物取引業法で「賃料の1カ月以内(税別)」と、上限が規定されています。保険料の相場は、1万5千円〜2万円程度である場合が多いです。 また、物件によっては鍵の交換費用を求められることもあります。前の住人の方と同じ鍵を使うことは防犯面で好ましくないため、カギ交換は行ったほうが良いでしょう。 初期費用は物件ごとに必要項目や金額がかなり異なってくるため、あらかじめ初期費用の上限をきめた上で、その範囲内で物件を探してみましょう。

不動産会社とのつながり

賃貸物件に関わる不動産会社の業務には、主に仲介業務と管理業務があります。大家さんや不動産会社そのものが持っている物件の保全や運営など、経営に必要な事をこなすのが管理業務です。 管理業務を主体とする会社では、管理物件の退去(空室)予定などを常に把握することができるため、表に出ていない情報を持っているこ場合も多いです。 これに対して仲介業務は文字通り、物件を紹介して契約の仲立ちをする業務のことです。仲介業務がメインの不動産会社は、広くたくさんの物件についての情報を持っているのが特徴です。 賃貸物件を借りる場合は、仲介業務を担当する会社と物件の見学から契約成立まで関わるため、物件についてはもちろんですが、不動産会社についてもよく調べると良いでしょう。

CopyRight(c) 2008-2015, 株式会社アンサー倶楽部 All rights reserved.