売建住宅

会員の方

閉じる

用語集

北九州 不動産 | 用語集

用語集

売建住宅

■売建住宅■

「売建住宅とは、開発した宅地を分譲するときに、売主が指定した特定の建築会社と建築請負契約を結ぶことを条件に販売し、そこに建物を建てるものです。 建築会社の選択権がない等のある程度の制限が掛かってしまいますが、一般的な注文住宅よりもお手頃に戸建てを建てられるというのがメリットとなります。 また「建売住宅」とは異なり、宅地の分譲後に購入者が建築主となって住宅を建築します。この方式で分譲される土地を、建築条件付土地といいます。 「建売住宅」の建築主が不動産会社であるのに対して、「売建住宅」は購入者が建築主となるので、設計などの自由度が比較的高いと言われています。しかしながら、建築を請け負う会社はあらかじめ決められているので、実際には用意されたプランの中から選ぶケースも多くなります。その場合には購入者が満足する戸建てが建てられないという問題も発生することにもつながります。

■お役立ち情報■

「売建住宅」は契約関係が非常に複雑でトラブルが発生するケースも多いと言われています。「当初の話と全然違う」というようなことがないように、事前に選択可能な工法や設備等の契約条件の細かな確認が必須となります。十分に納得できるレベルまでの確認を起こったってしまうと、完成したのちにイメージと違いすぎるという問題が起こり、トラブルに発展しないともいえません。

CopyRight(c) 2008-2015, 株式会社アンサー倶楽部 All rights reserved.