オーナーチェンジ物件

会員の方

閉じる

用語集

北九州 不動産 | 用語集

用語集

オーナーチェンジ物件

■オーナーチェンジ物件■

現状、大家が自分の所有する物件を売りに出した時「賃貸契約をした者がまだ生活している状態の物件」のことや、その契約者が居住中のままで不動産売買される物件のことを言います。つまり入居者サイドから言うと家主(オーナー)が変わるということです。多くの場合、中古物件を投資用不動産として探している方向けの物件となります。分譲マンションの一室、賃貸マンションやアパートの一棟丸ごとの売買を示すのは勿論のこと、一戸建て住宅の場合や店舗や事務所の場合などのオーナーチェンジ物件も存在します。また、賃貸マンションやアパートなどの大きな建物で多く居住者が住めるような部屋数の多い建物の場合、部屋の中の1室でも入居者がいるのであれば「オーナーチェンジ」といえます。反対に誰一人部屋に住んでいない空室だけの建物であれば、賃貸物件のオーナーが代わるとはいえ「オーナーチェンジ」とはいえません。

■お役立ち情報■

『オーナーチェンジ』物件のメリット・デメリットを記載します。

この『オーナーチェンジ物件』のメリット・デメリットとはなんでしょうか。

メリット・・・投資用にと不動産物件を購入したはいいが、入居がなかなか決まらずに家賃収入がない。この心配がないのがオーナーチェンジ物件の良さです。築年数が経過した物件などはの価値が下がり気味になります。所有者が丸ごと売却する不動産物件を新オーナーとして引き受けます。前オーナーから入居者の引き継ぎができるため、コストをかけて住んでくれる人を探すために行動を起こす必要がなく、また家賃という月々決まった額の収入を期待できるので新オーナーは家賃収入による利益を計算しやすくなるといえるでしょう。

デメリット・・・基本的には物件室内の下見をすることが出来ず、状態の把握が困難であるということと、すでに貸借人がいるとはいえいつまでも家賃収入が毎月必ずに得ることができると決まっているわけではないということです。極端な話をすれば、購入した翌日に賃借人から退出の申し出が届くこともなきにしもあらずということです。また投資用ローンを利用する場合には、住宅ローンよりも金利が上がるということもあります。また最後に北九州の物件に限らず、オーナーチェンジ物件を購入し、自分がオーナーになろうとする場合には「重要事項調査報告書」をよく読み、入居者の支払い状況や、契約の内容を連絡を取ってしっかりと確認することが重要です。過去の情報を確認することで、将来の管理状況を予測しスケジュールを立てることも簡単になるでしょう。

CopyRight(c) 2008-2015, 株式会社アンサー倶楽部 All rights reserved.